藤岡幸夫オフィシャルファンサイトトップへ


(藤岡幸夫ブログ)




藤岡幸夫@Instagramをフォロー




From Sachio 「お話し集」と「過去の一覧」はこちら


 

2018/5/15

5月19日(土曜)の題名のない音楽会に出演します。来年から首席客演指揮者に就任する東京シティフィルとムソルグスキーの展覧会の絵を取り上げます。
どうぞお楽しみに!
(再放送は20日(日曜)の朝8時~BS朝日であります)
詳しくは番組ホームページ


石丸幹二さんとは以前関西フィルと共演して以来(素晴らしい歌唱でした!)の再会で楽しかった!

※来年から東京シティフィルの首席客演指揮者に就任しますが(とても楽しみです!)、関西フィルとは勿論これまで通りです。(色々な方に関西フィルとどうなるのか質問されるので…)



同じ5月19日(土曜)の夜はエンター・ザ・ミュージック!昨年サックスの須川展也さんと訪問した学校の吹奏楽部訪問総集編です。最後に関西フィルでルパン三世もお届けいたします!

詳しくは番組ホームページ


コートダジュールの旅行から帰国しました。

今回の目的地のヴィルフランシュ・シュルメール。ニースから電車で2駅10分くらいにあるコクトーが愛した歴史ある美しい港街。映画「めぐり逢い」(デボラ・カー主演1957年版)のこの街がでるシーンが大好きでいつか来たかった。

とっても素敵な街で魚料理も凄く美味しかった!東洋人の観光客が珍しく一人もいなかった。











実は、「めぐり逢い」で主人公がこのヴィルフランシュ・シュルメールに住む祖母を訪ねるシーンで流れる音楽が大好きで、
以前からサマーボップスでやりたくて(でも楽譜がなかった)、今回お馴染みのピアニスト・編曲の竹下清志さんに編曲をお願いしました。楽しみ!




歴史的な街で教会もとっても優しく素敵で癒されました…。

丘の中腹にある駅も雰囲気抜群…










ニースの街も満喫。
デビュー以来、ヨーロッパのあちらこちらの街に指揮してきたけど、いつもリハーサル、本番、移動で殆ど観光できなかった。仕事関係なくヨーロッパ観光するのは25年ぶりくらい。かみさんとのんびりリフレッシュできました。








おまけ

イギリスで賞を頂き初めてヨーロッパ観光した時の写真。この時はスペインのカナリア諸島へ。カナリア島は大滝詠一の歌に出て来て選んだのだけど、歌にあるようなヤシの木のある美しい風景はなく、火山のある茶色い島で、ホテルもお金がなく安い宿だったのでちょっとがっかりだった。

後で知ったのだけど、大滝詠一はカナリア島を知らず、イメージで歌を作ったらしい…





おまけ2

旅行中の毎朝の勉強も気持ちよくはかどりました。特に今週の中部フィルはオールフレンチなので勉強して楽しかった。
古風なメヌエットなどは、フランスにいるからこその新しい発見!

充実した1週間でした。



さてさて次のコンサート5月19日(土曜)の中部フィル。若々しく溌剌としたオーケストラで楽しみ。ソリストはお馴染み昨年チャイコフスキーコンクールジュニア部門で優勝した中学生チェリストの北村陽くん!メインはダフニスとクロエにボレロという超豪華プログラム!




それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックと題名のない音楽会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


●Youtubeでご覧いただけます。
レスピーギ ローマの松よりアッピア街道の松
藤岡幸夫 指揮 関西フィルハーモニー管弦楽団
大阪4大オーケストラの響演 2017年4月8日(土)/大阪フェスティバルホール



Youtubeへのリンクはこちら



●日経電子版のビジュアル音楽堂のコーナーが素敵な記事を載せてくださいました。こちら



●こちらも日経電子版とはまた違った視点でとっても素敵な記事ですのでどうぞ御覧ください。こちら



パナソニックのオーディオ名門ブランド Technics が音楽番組エンターザミュージックの為にCMを制作してくださいました。本当に有難いことです。関係者の皆様に深謝!
それにしてもこのシステム本当に音が良くコストパフォーマンス抜群!
Bluetoothを使う方にもオススメ!



YouTubeへのリンクはこちら


6月1日 大阪アカデミー合唱団 オラトリオ定期シリーズVol.17
長年共演を続けている大阪アカデミー合唱団と僕の愛するフォーレのレクィエムにプッチーニのグロリアミサ!



6月7日 “がんばれ!関西フィル”コンサートⅢ 三大テノールをむかえて
関西フィル創立50周年に向けて日本を代表するテノールの夢の競演!三大テノール!!



6月21日 第293回 関西フィル定期演奏会
6月関西フィル定期は大島ミチルさんの新作2作品、大阪府立夕陽丘高校・音楽科合唱(素晴らしく美しい歌声!)の為の組曲に、伝説的スター・ストルツマンの為の協奏曲の2作品の初演に後半は僕の愛するシベリウスの灼熱の交響曲1番!



7月7日 七夕コンサート
関西フィルと毎年恒例16年目になる吹田公演。前半はテノール清原邦仁さんとイタリアオペラのアリア名曲集!後半は世にも美しいチャイコフスキーの悲愴交響曲!



7月14日 第294回関西フィル定期演奏会
僕の愛してやまないヴェルディのレクィエム。有名な<怒りの日>以外の楽曲の素晴らしさが強烈に伝わる演奏を目指します。



8月9日 フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2018
古巣の日本フィルとの演奏会。話題の反田恭平さんと初共演が楽しみ。しかもラフマニノフのピアノ協奏曲5番!メインは僕の愛する灼熱のシベリウス交響曲1番!



8月26日 関西フィル第8回城陽定期演奏会
城陽定期は昨年クララ・ハスキル国際コンクールで優勝した19歳の話題の大型新人藤田真央 見参!!後半は旋律美溢れた情熱のチャイコフスキー交響曲5番!



9月9日 都響・調布シリーズNo.20
都響の調布シリーズは前回はベートーヴェンの田園で素晴らしいパフォーマンスだったので7番も楽しみです!



幸夫の「お気に入り集」、「お話し集」、「動画集」随時更新しております。

幸夫のお気に入り 幸夫のお話し集 幸夫のビデオ集


2018/5/11

5月5日に放送予定だったエンター・ザ・ミュージックのホルン特集は世界卓球のため延期で6月9日(土曜日)の放送になりました。
5月12日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックは英国在住の注目の若手ヴァイオリニストの小町碧さん!ディーリアスのスペシャリストの小町さんが素敵な作品をお届けします。関西フィルの演奏はエルガーの夕べの歌です。どうぞお楽しみに!

番組ホームページ




結婚して29年になる一つ年上のかみさんとコートダジュールにきてます。

仕事全く無しで、ヨーロッパ旅行は20年以上ぶり。これまではリハーサルや本番で疲れ果てて、観光なんかせずすぐ移動が常だったから、ゆっくり時間を気にせずに旅行を楽しんでます(^-^)

丘の上にあるエズの街の素敵なレストラン。癒されました!







エズの街の教会がとっても素敵だった。心が洗われました…。





来週からF1 モナコGP。レースのコース一周を散歩。エキサイティングでした。







モナコの海辺のホテルに3日間滞在。
部屋やレストラン、プールサイドからの海の眺めが素晴らしかった。

近くの海岸にあるレストランのムール貝が美味しかった!











今日は昼からニースのホテルに移動します。

それではまた!


  藤岡 幸夫

2018/5/8

僕は時間が合えばアマチュアオーケストラも指揮する。やり慣れた曲でも必ず新しい発見が沢山あるし、どうしたら普段プロのオケでやってる時の音になるのか考えさせられる。教える事で勉強になるのだ。

ゴールデンウィークの後半は歴史あるアマチュアオケの芦屋交響楽団とリハーサルだった。とっても楽しかったし勉強になった。

凄く難しいプログラムで、皆さん凄く頑張ってるがまだまだ…どこまで進化できるのか?



芦屋交響楽団は30年前に松尾葉子先生の下稽古で指揮したオケで、その時初めてギャラをもらった思い出のオケなのです。





今回は合宿に参加。行って思い出したけど30年前も同じこの場所の合宿に参加したので懐かしかった。
因みにこの時いた団員さんも結構いる。


以前、慶応ワグネルで共演した当時学生だった連中が社会人になり関西に来て芦響に入団していて再会!
嬉しかった。


GW最終日は毎年共演している大阪アカデミー合唱団との初リハーサル。
僕の愛する世にも美しいフォーレのレクィエムと若きプッチーニの名作グローリアミサ。

良いところもあったが全然まだまだ…。でも毎回本番まで凄く進化する合唱団なのでとっても楽しみ。

皆さん気合いを入れてください!


さてさて今日から南仏へ旅行。仕事全く関係無しにヨーロッパを旅行するのは20年以上ぶり。でも結婚して29年になる一つ歳上のかみさんも朝から晩まで一緒です…(;^_^A



それでは皆さんコンサートとエンターザミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


2018/5/4

5月5日(土曜日)のエンター・ザ・ミュージックはホルン特集!関西フィルのホルン奏者 松田信洋(首席奏者)さんと中川直子さんをゲストに楽しいトークとホルンが活躍する曲の数々を紹介します!
どうぞお楽しみに!

番組ホームページ


※5月5日の放送は世界卓球選手権の中継によっては6月9日(土曜日)に延期する場合があります。


今週はエンター・ザ・ミュージックの収録がありました。

お馴染みの関西フィルコンサートマスターの岩谷祐之さんはゲストとしては3年ぶり2度目の登場。今回は岩谷さんの愛用している銘器グァルネリ・デルジェズ(ストラディヴァリウスと双璧といわれる名高い楽器)を普段コンディション調整をしているヴァイオリン工房リューテリア・ガンで収録。

岩谷さんの楽しいお話と、工房の代表のガン・シュウガンさんのお仕事を拝見。
勿論岩谷さんソロで、タイスの瞑想曲や死の舞踏他の名曲もお届けいたします。
どうぞお楽しみに!


代表のガンさんとっても素敵な方でお話も興味深かったです。


弦楽器工房が初めてで並ぶヴァイオリンに驚く、繁田美貴(はんだみき)アナウンサー。


六本木に移動してライブハウス<北回帰線>で84歳のピアノ弾き語りホキ・徳田さんと収録。いやはや!とても84歳とは思えない素晴らしい弾き語りでした!


アメリカに渡り弾き語りを始める。50歳年上の文豪ヘンリー・ミラーと結婚して世界中を驚かせた。


日本では最初は芸能人として活躍。篠山紀信さん撮影の衝撃的な写真も!


普段お世話になっているBSジャパンの島田淳取締役は若い頃ホキさんとラジオ番組をやっていたそうです。


とっても素敵な方でした!


オマケ(繁田さん撮影)

それでは皆さん!コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2018/4/27


4月28日(土曜)のエンター・ザ・ミュージック BSジャパン毎週土曜日夜23時半~は僕の最も愛する交響曲!シベリウスの5番をお届けします。どうぞお楽しみに!

番組ホームページ


トークゲストはお馴染みの音楽構成作家の新井鴎子さん。


昨年の秋の関西フィル定期での演奏をお届けします。関西フィルとのシベリウス5番はこの19年で5回目のでした。


26日は名古屋フィルとトヨフジ海運主催のボン・ボヤージュコンサート。

このシリーズは今回が20回目で僕は第10回にも指揮させて頂いてるコンサート。

ホールいっばいのお客様で名古屋フィルも生き生きとしていてとっても楽しかった。オーケストラのサウンドはときに凄みもあって普段よく取り上げる名曲が新鮮でした。

ヴァイオリン・ソロの南紫音さんもとっても素敵でした。

リハーサルからとっても楽しかった!名古屋フィルの皆さん、南さん、トヨフジ海運関係者の皆様と沢山のお客様に感謝。ありがとうございました!

20年間続いているトヨフジ ボン ボヤージュコンサート。素晴らしい文化ですね!


南紫音さんとは今年の広島交響楽団とのニューイヤー以来。品格高い美しい演奏でした!


名古屋フィルのコンサートマスターの田野倉雅秋さんと。大阪フィルのコンサートマスターも兼任しているので、毎年大阪で顔を合わせるが、共演するのは久しぶり。田野倉さんが広島交響のコンサートマスター時代以来かな?素晴らしいリードでした。


ゴールデンウィーク前半はちょっとのんびりで後半はリハーサルが続きます。

それから東京と大阪でファンの方々とのパーティーがあります。何方でもお気軽に参加ください!

東京5月20日(日曜)でゲストは尺八奏者の藤原道山さん!大阪は6月10日(日曜)でゲストはソプラノの幸田浩子さんです!

詳しくはこちら


それでは皆さん、コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


2018/4/22

4月28日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックは僕の最も愛するシベリウスの交響曲5番をお届けいたします!
番組ホームページ




4月21日は大阪名物、大阪4大オーケストラの響演!今年も出番では関西フィル&藤岡らしさを出せた手応えだったし、自分の出番以外はゲネプロも本番も客席で聴かせていただきとっても楽しく勉強になりました。

大阪ならではの熱いお客様に心から感謝です。

フェスティバルホール及び関係者の皆様ありがとうございました。

この企画は4つのオケが切磋琢磨し、各団体の素晴らしさをお客様に知ってもらう意味のある素晴らしい企画。

来年は新しい企画をやるらしいが、単なる客集めの打ち上げ花火的な企画ではなく、4つのオーケストラと関西音楽界にとって意味のある企画を期待したい。


楽屋は楽団別無し。


舞台裏には常に、舞台にでていない残り3楽団のベースが並びます。


指揮者が4人揃うコンサートはめったにありません。楽しかった!


楽屋からの眺めが気持ち良かったです。

それでは皆さん、コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!

  藤岡 幸夫


2018/4/18

4月21日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックはシャコンヌ特集!人気作曲家の伊藤康英先生をゲストに、伊藤先生のバッハのシャコンヌ吹奏楽版やエルガー、ショスタコーヴィッチ、ヴォーン・ウィリアムズ他の作品を紹介しながら、シャコンヌって何?というお話をします。どうぞお楽しみに!

番組ホームページ




14日は関西フィルと狭山市のSAYAKAホールでコンサート。とても温かい雰囲気で楽しかったし、ベートーヴェンの7番も盛り上がりました。新しいファンが増えた手応え。
お客様とホール関係者の皆様に感謝です!


狭山市のSAYAKAホールとも長いお付き合いになりました。とっても素敵なホールに温かいお客様です(^-^)


15日は僕が文化観光大使をしている滋賀県長浜市の曳山祭りへ。長浜城主だった若き豊臣秀吉が始めて400年。子ども達が素晴らしい歌舞伎を披露します。
素晴らしい文化!感動しました!


長浜市とは15年間のお付き合いで関西フィルの演奏会も毎年完売。
向かって左から藤井勇治 市長 松居繁隆 文化スポーツ事業団理事長 文化庁から視察に来られた高橋宏治 伝統文化課長。


子どもたちの歌舞伎のレヴェルは驚愕的!この日は4つのグループがそれぞれ40分の出し物を4回づつ朝8時~10時まで続きます。毎年特別に作る衣装が凄い!




出し物の間に、中学生がやるお茶屋さんでひと休み。


長浜の皆さんありがとうございました!


さてさて4月21日(土曜)は大阪名物、大阪4大オーケストラの響演!!とっても楽しみです!

スポーツではありませんが…気合いをいれて他のオケに負けない演奏をします。


それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


※4/14SAYAKAホール特別演奏会event reportはこちら

2018/4/13

4月14日(土曜)の題名のない音楽会は藤田真央さんと木嶋真優さんの素晴らしい演奏をお届けします。オーケストラは東京シティフィルで同日に収録した展覧会の絵は5月19日に放送予定です。再放送は翌日の日曜日でBS朝日、朝8時~です。

番組ホームページ


2018/4/10


4月からBSジャパン エンター・ザ・ミュージックは毎週土曜日夜23時半~に引っ越しました。どうぞよろしくお願いします。
番組ホームページ


4月14日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックのゲストは奥村愛さん。とっても楽しかったです。最後に関西フィルの演奏で歌劇「道化師」の間奏曲をお届けいたします。


先日世界的作曲家の冨田勲先生の音楽を日本酒と楽しむ会に出席してきました。僕は冨田勲先生が大好きでエンター・ザ・ミュージックにも3回出演して頂きました。
冨田先生の20代の作品を初めて聴けて嬉しかった!
冨田先生のコンサートを企画中でなんとか実現したいと思っております。



 
 冨田先生の20代の作品をSPで聴けて嬉しかった。


東京でちょっと一息。富士山の裾野を一周してきました。富士山は雲がかかって残念だったけど、菜の花畑に遭遇。気持ち良かった!


富士山に残念ながら雲がかかってました…


本栖湖 人がいなくてとっても幻想的でした…。




菜の花畑に遭遇…!桜とのコラボレーションが美しかった!


メタセコイア並木は秋とは全然違った雰囲気…ロマンティックでした…!


ちなみにこちらは秋のメタセコイア並木。素晴らしい雰囲気でした…。


さてさて4月14日(土曜日)は関西フィルとSAYAKAホールでコンサート。前半はミッション・インポッシブル インディジョーンズ  美女と野獣 平清盛他。

後半はのだめカンタービレのテーマにも使われたベートーヴェンの狂喜乱舞の交響曲第7番!

学生席1500円!ご家族でも是非!


関西フィル06 6577 1381

それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


2018/4/6


4月からBSジャパン エンター・ザ・ミュージックの放送は毎週土曜日の夜23時半~からになりました。録画されてる方は予約設定の変更を忘れずに!
どうぞよろしくお願いいたします。


相棒のテレビ東京 繁田美貴(はんだみき)アナウンサーとお馴染み世田谷の松本記念音楽迎賓館で。

次回のエンター・ザ・ミュージックは4月7日(土曜日)です。有村昆さんとの人気シリーズ映画音楽第15弾!どうぞお楽しみに!詳しくは番組ホームページで!




3月31日は上野の東京文化会館でオーケストラの日のコンサート。
満席のお客様ありがとうございました!

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のエリザベート国際コンクール優勝のイム・ジヨンさんとっても素敵でした。

オケは首都圏プロオケ13団体の選抜メンバーの祝祭管弦楽団。メインのローマの松でも凄い集中力でリハーサル本番前の午前中だけとは思えない素晴らしい演奏でした。とっても楽しかったし勉強になりました。
熱心な実行委員会の方々にも深謝です。

皆さんありがとうございました!


イム・ギヨンさんと。日本音楽財団から貸与されているストラディヴァリウスの音色も美しかった!




エンター・ザ・ミュージックのトーク収録が続きました。

ホルン特集で関西フィルの松田信洋さん(首席奏者)と中川直子さんをゲストにホルンが活躍する名曲をお届け!


お馴染み新井鴎子さんをゲストにチャイコフスキー序曲「1812年」の回。1812年という年がとっても重要なチャイコフスキー以外の作曲家の話もします。


ロンドン在住でディーリアスの権威でもある若手ヴァイオリニストの小町碧さんをゲストに英国音楽作品を紹介します。素敵な演奏にお話もとっても面白かったです!


それでは皆さん、コンサート(次回は関西フィルと4月14日!SAYAKAホール)と毎週土曜日夜23時半~のエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


4月14日(土)SAYAKAホール特別演奏会
前半は美女と野獣やミッションインポッシブル他の映画音楽で後半はのだめカンタービレでもお馴染みのベートーヴェンの交響曲第7番!ご家族でもどうぞ!



過去の一覧はこちら


Yahoo! JAPAN

  • 「From Sachio」内を検索 
  • 「藤岡幸夫 オフィシャルファンサイト」内を検索